Medical Organic Herb Tea Brand

心とカラダに祝福を。

ドクター ボー

無農薬野菜 循環型農業×障害福祉 健康茶 無添加食材

お知らせ
(NEWS)

私たちの想い

「恒常性」×「自己免疫力」=「健康」

ハーブのドクターボーは、
子の健やかな成長を願う母の想いから生まれた
自然派ブランドです。

私たちには、健康に生きるための力である「自己免疫力」が備わっています。
免疫力とは、自己の「疫(病気)」を免じる力、つまり、自分を病気から守る力です。
ホルモンバランスを保ったり交感神経と副交感神経のバランスを取ったり、熱を一定に保ったりしているのは、「恒常性」という常に一定に保つ性質を持っているからです。
「恒常性」×「自己免疫力」この2つが健康を保つためのカギである、とドクターボーでは考えています。

太古の昔から、人は自然の中で暮らしていく中で、恒常性を維持し、免疫力を高め保つために植物の力を借りていました。
自然なものを食べ、自然なものを飲む、自然のものから衣を作り、自然のもので家を作って暮らしてきました。
自分のカラダの声を聞くことができ、カラダが楽になる食べ物を本能的に選び取ることができていたとされています。
不調を感じれば、食事を控えたり、薬草を煎じて飲んで休んだり、湯治をしたり。

ハーブのドクターボーは、現代人が文明の力に頼るがあまり、自然を忘れ、自身のカラダの声が聞こえなくなり、不調への対処法を医療に求め、乱れた心身を正す知識すら失ってしまっている現状を知ったことがきっかけで誕生しました。
小さな大切な命を育むお母さんに寄り添い、自然体で健康に生きていける人になるように育てたい、という気持ちに、食と生活の面から応えます。

私たち、ハーブのドクターボーの思い描く未来は、手にとる食品が皆、「品質の良い自然素材で作られた、安心して食べられる安全で健康的な食品」であることが当たり前になる、明るい食の 未来です。
そして、お母さんが食の面から家族の健康を支え、家族のちょっとした病気にも家庭の中で対応できる知識と経験を持てる、自然体で健康な暮らしが当たり前にある、そんな未来です。

創業から今日まで

ハーブのドクターボーは、2014年12月2日に合同会社グランルートが創業した際に、メディカル ハーブティーのブランドとして誕生しました。

メディカルハーブとは、=「薬用植物」のこと。薬理作用があり、例えば、緊張して眠れない時には精神を休めてくれるハーブを、喉の痛みには、鎮静作用のあるハーブを、やけどには鎮炎症作用のあるハーブを、お腹を壊したときにはお腹の調子を整えるハーブを、体調を崩しそうな時には免疫力を高めてくれるハーブを、といった具合に心身を健康に整えるために太古の昔から使われてきました。戦前までは、生活の一部でした。

創業者の大木ゆうこは、2011年に助産院で女児を出産しました。出産間近となった頃、助産師から「ラズベリーリーフティー」を処方され、産後、「すぎな茶」をいただいたことがきっかけとなり、2012年からメディカルハーブ協会に薬用植物について学び、食養生についても独自に学びを深めました。自身の子を通して地域と交流していく中、現代の子育てが自然とかけ離れていることに気がつき、子の健やかな成長にとって有益な薬用植物の活用について、啓蒙していこうと発起したことにはじまります。

創業当初、メディカルハーブブレンドの汎用性の高い薬理配合のハーブティーをシリーズ化して 発売しました。飲食店向けに卸販売を行い、取引先店舗さまからお客さまへ提供と販売を行っていただき、町の飲食店を通じてご家庭へ届ける流通形態でした。やがて、取引先店舗さまでご飲 食されるお客さまから無農薬野菜についての問い合わせが来るようになり、ハーブのドクターボーとして答えを出すためには、自ら生産者になることを選択。2019年に長野県北佐久郡軽井沢町に7000m2の畑を借り、無農薬栽培を開始します。

自ら生産者となることを決めた理由は、「無農薬栽培」と一口に言っても、無施肥・無化学肥料・ 有機・栽培期間中のみ無農薬、など様々で、栽培手法も多種多様にあり、一概に「無農薬=安全」とも言えない農産物生産の現状を知ったからでした。

2022年現在、ハーブのドクターボー軽井沢ほっち園では、植物生理学に基づいた「植物が健康 に育つための環境(土壌)設定」を重要視し、コンパニオンプランツ栽培と掛け合わせた独自の栽培方法を研究しています。

栽培期間中はもとより、休耕中も土壌消毒は行わず、土壌微生物を活 性化させ、堆肥・菌肥を施して土壌を豊かに育むことで、無農薬・無化学肥料栽培でも、免疫力の高い、自然体に伸び伸びと育つ健康なお野菜を生産することができると考えています。また、季節に沿った旬のお野菜が一番生命力に溢れていて美味しいと感じるので可能な限り路地栽培を行なっています。
近隣で無農薬栽培に新規就農した農家さんたちとも協力しあって、『安心して食べられる安全で健康な美味しいお野菜』の生産量をあげ、旬のお野菜詰め合わせボックスを毎週お届けしています。

定期購入

無農薬栽培・旬野菜定期便

安心して食べられる安全で健康な美味しいお野菜を複数種類詰め合わせた、旬野菜の詰め合わせです。1箱で、4人家族3日分くらいの量をイメージしてセットしています。

1配送2800円(税・送料込) ※軽減税率適用

オンライン決済で継続課金を設定。
月4回配送→11200円/月 月2回配送→5600円/月 いずれも税・送料込